« おやすみ、ZKP-1 | Main | 羽化 »

Monday, 31 January 2005

木枠に眠るツァイスくん

渋谷には、星を映す役目を終えたカールツァイスIV型プラネタリウムが木枠の中で眠っている。
旭川に届いた、新しい科学館に入るツァイスプラネタリウムSTARMASTERは、星を映す日を待って木枠の中で眠っている。
木枠におさめられた2台のツァイスくんは、梱包が解かれるのを待つのはどんな気持ちかな。


大きな四角い木箱に丸い恒星球。
たぶん彼らは二度とドイツに帰ることはない。
異国から星を映すためにやってきた大きな機械。


渋谷のツァイスくんの星空は心に焼き付くほどに見た。
旭川の新しいツァイスくんの星空もたくさん見に行こう。
ツァイスくんの星空に惚れ込んで「この星空でなければ」と決めた人、つくった人、見に行く人。
私は「見に行って好きになる人」。
きっと夏には新しい星空が好きになっているはず。

|

« おやすみ、ZKP-1 | Main | 羽化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 木枠に眠るツァイスくん:

« おやすみ、ZKP-1 | Main | 羽化 »