« 木枠に眠るツァイスくん | Main | 星の箱庭 »

Wednesday, 02 February 2005

羽化

今日から旭川の投影機の組み立て・設置がはじまる。
starmasterは木箱の梱包を解かれて外の世界へ取り出される。
新しい空を見るために羽化する蛹のよう。

日本に、41年ぶりで8台目のツァイスプラネタリウム。
はじめて光を放つときはどんな星を生むのだろう。

プラネタリウムがめずらしくなくなった今なのに、
たった一台の投影機が「プラネタリウム」になるのを、
68年前、東洋初のプラネタリウムが大阪に来たときに負けないほど、
どきどきわくわくしながら心待ちにしている。

この機械から星への「憧れ」がドームに映されて空を満たす。
みんなの「憧れ」がつまっている機械なのだ。

|

« 木枠に眠るツァイスくん | Main | 星の箱庭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 羽化:

« 木枠に眠るツァイスくん | Main | 星の箱庭 »