« ツァイスくんの感謝状 | Main | 明石市立天文科学館 »

Sunday, 20 March 2005

神奈川県立青少年センター

五島プラネタリウムが閉館してから、お気に入りのプラネタリウムになったのは、横浜桜木町駅から紅葉坂をのぼったところにある神奈川県立青少年センタープラネタリウム。図書館や音楽ホールなどに併設された施設で、ホールと、プラネタリウムの下にある無料の科学館には行ったことがあったのに、投影時刻がうまくあわなかったりしてプラネタリウムには行ったことがなかった。
五プラ閉館まではとにかく五プラ優先で通っていて、他にも行ってみたいプラネタリウムはあってもどうしても後回しになっていた。神奈川県民としてまず地元は行かなくてはという思いもあった。

五プラよりは規模は小さいけれども、内容は、星空への楽しみ方と天文の知識がほどよいバランスで、解説は丁寧で、星への親しみが感じられながらもくだけすぎない温かさがある。スライドの使い方は、星空の邪魔にならない程度に、資料として必要な部分に必要なだけ投影されるちょうど良さだった。

「こんな近くにこんなに素敵な館があったのか、もっと早く来ていれば良かった!」
と、幸せの青い鳥を見つけたような気持ちになった。「これからは月に一度はここへ来よう」という気にもさせた。
ここは駅からしばらく歩きはするが、道はわかりやすい。家からだと電車に乗って30分ほどという、渋谷への1/3か1/4の時間で着いてしまう。その上、五プラ閉館の2001年に私の職場が東京から横浜の学校にかわったので好都合。「よかったなぁ、すぐ近くに良いところがあって。(しかも無料か100円かで投影が見られた)」と嬉しく思ったものだ。

しかし、そう喜ぶのもつかの間。しばらくして青少年センターのプラネタリウムが休館になった。施設の老朽化と耐震性の問題で、4階のプラネタリウムをそのまま使い続けることができなくなったことが理由で、休館とはいうものの実質的には閉館と同じだと聞いた。神奈川県内にはたくさんのプラネタリウムがあるので無理に新しくつくる必要がない、との当時の県知事名でコメントをもらった。
せっかくしっくりくる椅子をみつけたのに、またすぐに手放さなくてはならなくなった。それも、プラネタリウムの投影内容に問題があってということではないのがくやしかった。

「プラネタリウム」という装置と場所が、どれも、どこも、同じものだと思われるのが、とてもくやしかった。
その違いの分からない人に運営とお金が握られているようで。しかも、県民である私はそこにお金を使って欲しいと思っているのに。

五プラに続いて青少年センター。自分が求めているものが次々に否定されて、しばらくは脱力した状態になっていたようだ。

|

« ツァイスくんの感謝状 | Main | 明石市立天文科学館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神奈川県立青少年センター:

» プラネタリウム [なんだかどうにもやる気が無いWeblog]
し、知らなかった…。小学生の頃毎月通っていた地元のプラネタリウムが閉館していたな [Read More]

Tracked on Monday, 28 November 2005 02:58

« ツァイスくんの感謝状 | Main | 明石市立天文科学館 »