« 天文春分祭 | Main | 寸劇特別投影 »

Monday, 21 March 2005

キッズプラネタリウム

相変わらずセンス良い館です。ポスターもイイ感じ。

キッズプラネタリウムは五島プラネタリウムの幼稚園アワーのように活気あふれる楽しい投影でした。050321_1126.jpg

春分がテーマのイベントとあって、太陽の位置や方角をていねいに確認してくれました。なかなか星をだしてくれません。解説のお姉さんの問いかけに、こどもたちが大きな声で答えを叫びます。こどもにも常連さんが多いみたいです。愛されています。

キッズのための投影とあって、投影前の客入れの音楽はNHK「おかあさんといっしょ」のCDのようなこども向けの歌でした。次の衝撃が大きくてうろ覚え。その衝撃とは日没時の音楽。
太陽が沈んでいくとギターの音がポロン・・・。「とっとこハム太郎」のトンガリくんのテーマソング「風の歌をうたおう」の歌なしバージョンでした。「この歌、日没で流してみたい」と思っていたのです。これを選曲してくれたことに感動しました。本当は歌ありが良いのですが、お姉さんのお話とかぶってしまうからそれは仕方ないですね。

星が出てくるとおなじみの矢印ポインターが元気よく星空をご案内。お姉さんが「↑(やじるし)くんが星を教えてくれるよ」というと「やじるし君、ありがとう!」と叫んでいる子がいました。途中、何回かクイズをはさんだりしながら、お姉さんとこどもたちのやりとりの中、元気で楽しい雰囲気で投影はすすんでいきました。

この投影の副題は「星座のおはなしめぐり」で、イベントの3日間、朝10:20から日替わりテーマの星座物語をやっていました。近所に住んでいる家族は気軽にやってこれそうです。「星座のおはなしをききに(見に?)行こう」というつもりで、しっかり太陽や月の動きを理科教育されて。でも星座物語より、お姉さんとやじるしくんがしてくれる案内をたっぷり楽しめたはずです。

もし私が近所に住んでいたら連休は通い通しだったかもしれません・・・。

|

« 天文春分祭 | Main | 寸劇特別投影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キッズプラネタリウム:

« 天文春分祭 | Main | 寸劇特別投影 »