« コメントありがとうございます | Main | 話題のトイレットペーパー »

Friday, 15 April 2005

刷り込み

Mineさん、コメントありがとうございます。

明石のプラネタリウムに惚れ込んでいますね。
わかります、わかりますとも!

>生まれて初めて見た動くモノを親と思いこむアヒルのように。

いわゆる「刷り込み=inprinting」ってやつですね。
プラネタリウムを初めて見た人たちからすれば、「プラネタリウムとはこういうもの」像は世界で初めてプラネタリウムをつくったカール・ツァイスのもの、それもI型よりはすぐに改善されて世界中に広まった次のII型以降のスタイルが、最初に刷り込まれたものかもしれませんね。
日本でも大阪、有楽町、渋谷、名古屋、明石にそれぞれ初期のツァイスプラネタリウムが設置され、「これがプラネタリウムかぁ!」と長年かけて人々の心に刷り込まれたことでしょう。プラネタリウムを見るにはここへ行かなくては見られないという頃ですから、強烈な印象の力で刷り込まれます。

それでは、現在、幼い頃から一球式のプラネタリウムしか見たことがないという人がいたら、そういう刷り込みはおこるのでしょうか。他に代え難い母親のような、潜在意識に強烈に引きつける力を持つのでしょうか。

私たちには、地球上に人類が生まれてくるまでに46億年かけて刷り込まれた星空の記憶がある気がします。その記憶を蘇えらせれくれるプラネタリウムになんともいえず惹かれるんじゃないかと感じます。
・・・ちょっと話が大げさでしたか?ロマンティック(空想的)でしたか?
「刷り込み」の話がでて、元生物教員としてはちょっと刺激されてしまったようです。

それでは今夜はこの辺で。

|

« コメントありがとうございます | Main | 話題のトイレットペーパー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 刷り込み:

« コメントありがとうございます | Main | 話題のトイレットペーパー »