« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

Tuesday, 31 May 2005

ハム太郎の話

この夏、「とっとこハム太郎」のキャラクター投影がはじまるらしい。
プラネタリウム関係のリンクからいくつかたどっている中に見つけた。

「とっとこハム太郎」がテレビ放映されて2シーズン目ごろは、毎週欠かさずというほどによく見ていた。アニメの元になった素朴なタッチの原作絵本も持っている。もう6シーズンくらいになるはずだが、最近はずいぶんと変わってしまって見ていない。その代わりのように幼い姪が欠かさず見るようになっている。

その、最初の頃のハム太郎は、今ほどはどたばたでなく、効果音も少なめだった。ハムスターのハム太郎を飼っている小学生の女の子ロコちゃんの周囲と絶妙にリンクしながら話が進む。いじめもいやがらせもない。敵役もいない。いつも仲間思いでロコちゃんが大好きなハム太郎の冒険は、ほのぼのした幼児向け物語なだけでなく、否定的な要素のないため見た後は気分が前向きになれるので大好きだった。原作者自身がハムスターを飼っていて、その愛情が絵にもストーリーにもにじみ出ていた。

1シーズンには彼らが星を見る回がある。彼らにとって星は、空にたくさんばらかまれた「こんぺいとう」として興味を持たれる。元気で好奇心旺盛なハム太郎と仲間たち。どこまで行っても何があってもあきらめない力強さ。ハム太郎たちがプラネタリウムの天球上を駆け回りながら、星空案内をしてくれたらどんなに楽しいだろうと数年前には考えていたのだ。ハムスターが空の丸天井に張り付くのはプラネタリウムだからこそ許される不条理の世界。そこが想像力を刺激されて楽しい。

今度の番組がどんなものかはわからない。現在の流れで考えると、今のテレビシリーズの味付けになっていると推測できるので期待はしない。でも、好きなキャラクターが番組なるのは嬉しいモノだ。姪も好きだからこの番組なら一緒に行ってプラネタリウムデビューできるかもしれない。キャラクター投影で楽しんだことがないので基本的には好きではないが、キャッチーなきっかけとしては有効なのだと我が身をもって思った。ただ、せっかくキャッチされた心とドームまで運んできた体だけど、「なーんだ、つまんない」と思わせてしまったら二度とキャラクター投影に足を運ぶチャンスはないだろう。プラネタリウムに行くことも確率は減るだろう。テレビや映画のアニメよりもおもしろくしながら、星の楽しみのエッセンスを心に持ち帰る機会になったら、キャラクター投影は大成功だ。

がっかりしなくないから期待はしないようにと自分にいいきかせているけれど、「ハム太郎」投影にはちょっぴり期待したい。ひとりでいくのはさすがに恥ずかしいけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 26 May 2005

流星雨

流星雨の夢を見ました。
2001年の獅子座流星群のときのような、
「あっちにとんだ! こっちにとんだ! 
あっ、そういっている間にそっちにも!!」
くらいの状況。
明るさは少々地味なものが多いのですが、
ときどきぱーっと辺りが明るくなるほどのがバーストしていたり。

星関係の夢は今までほとんど見たことがありません。
突然、流れ星が降り注ぐ夢だなんて、
なんだか良いことがありそうな予感。
期待してしまいます。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, 25 May 2005

文化靴修理部も

ごぶさたしております。見に来てくださっている方、ありがとうございます。
先週末が職場学校の体育祭、その代休日が遠足でその引率、とイベント続きでした。
印刷屋さんからの続報もなく、報告する情報を得ていません。
便りがないのはトラブルがないということなのか、今度のデータ原稿は問題なく作業をすすめてくれていると信じたいです。印刷のスケジュールが組めたら納品予定日を連絡いただけることになっていて、それによってこちらも予定を確定させていろいろすすめていきたいのですが、ストップしています。

さて前回は、東急文化会館にあった床屋さんの行方を紹介しましたが、靴修理屋さんを検索してうちに来てしまう方もいらっしゃったので、こちらも探してみましたが、ホームページなど直結する情報は見つかりませんでした。

http://eurydice-r.at.webry.info/200412/article_7.html

この方の日記には、閉店後の連絡先を靴修理部の方から教えてもらい、靴を送って修理してもらったことのいきさつが詳しくかいてあります。店舗をかまえずにやっているようです。この方は連絡先を知っているのですね。
私は文化靴修理部にお世話になったことはありませんでしたが、このおじさん腕の良い、靴ならまかせろっていう職人という感じでなかなか良いですね。頼んでみたかった気がします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 18 May 2005

文化理髪室

以前話題にしたことのある、東急文化会館にあった床屋さん。
「文化理髪室」で検索してうちに迷い込んで来られる方が月に何人かはいらっしゃるようです。
ごめんなさい、ここに役に立つ情報はありません。
ですが、ここがヒットしてクリックしてしまったのも何かの縁。
大田区北千束に引っ越したお店をさがしてみました。

↓ここです!
http://www.shibuya-takumi.net/shibu/map/shibuya/bunka/bunka.html

通い慣れたプラネタリウムを失ってさまよっている私たちのように、「文化理髪室」がなくなっちゃったぞ!とあわててこの床屋さんをさがしているのではないかと、想像してしまったのでした。

よかったですね。「文化理髪室」は閉店せず、移転して営業しています。
プラネタリウムは閉館して機械は木箱の中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 17 May 2005

印刷屋さんの苦労、Macの苦労

画像データに不備があり直して欲しいと印刷屋さんから連絡あり。
しろうと相手の仕事でつまらないことで作業をストップさせてしまっている。
他の印刷物との兼ね合いもあるだろうに、作業工程を組み直さないといけないとか、迷惑をかけていそうだ。
幸い、明日は勤務が休みなので、なんとかがんばろう。

この一ヶ月間のハードワークの疲れか、5代目Macの調子が悪い。自分自身で修復している「風邪」程度のものだろうが、まだ完全に良くなっていないようだ。今打ち込んでいるのは4代目Macくん。このふたりのおかげで文集は完成した。4代目はザバネタリウムや卒業式の頃のメインマシン。でも卒業文集の編集では悲鳴をあげてストライキをされた。彼には重荷すぎたようだ。がんばれ、5台目。まだまだ仕事は残っている。
PowerMacG5のシステムを買いそろえて移行する金銭的余裕はないぞ(欲しいけど)。これから先の文集完成お知らせや受付も君たちが働かなくてはいけないのだ。頼りにしているのだーーー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 14 May 2005

「卒業文集」のページを更新しました

久々のホームページ更新です。
 
 
お待たせいたしました!
「卒業文集」を入稿しました!!
 
 
ということで、「卒業文集」のページに以下の内容を掲載しました。以降はこのweblogでお知らせしていく予定です。
本当に長い間お待たせして申し訳ありませんでした。
 
 
★文集の詳細です★
 
「渋谷の空の向こうに」 2005年7月7日発行予定
B5判 318ページ 製作部数 1000部
原稿数(筆者数とほぼ同じ) 約180
一冊あたりの頒布価格は1000円(+送料500円)

原稿をお寄せくださった方には一部ずつ進呈します。ご連絡する段取りをすすめています。
完成お知らせを申し込んでくださっている方には、予定通りの方法で個別にお知らせいたします。
寄稿してくださった方→お知らせ申し込み希望の方→一般に頒布
の順でのお知らせとなりますのでご了承ください。

今後の情報・お求めの方法については、こちらのweblogに随時掲載します。


 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, 12 May 2005

ようやく・・・

文集の原稿を託してきました。
ながらくお待たせいたしました。
ようやく本になります。

長く大切にしてもらえるよう
少ない予算の中で、
出来る限り丈夫なつくりにしました。
(とはいっても、私は今までこんな高い額の
買い物をしたことがないというくらいの金額です)

はじめに手にとっていただいたとき、
「なんだ、これは!」
と言わせてしまうかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そうして・・・

印刷屋さんから帰ってきました。
明日また行きます。

次にやることはちらし(案内)制作。
昼間、ラフでつくってみましたが、
大方できたところでPhotoShopが
勝手に終了してしまいました。
途中で保存しておけばよかった・・・。

印刷所での詳細はまたあとで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これから・・・

印刷所へ行ってきます。
詳細はのちほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 09 May 2005

根底思想とシゴセンジャー

ふくちんさんのホームページに、「続シゴセンジャー」のレポートとゴールデンウィークの明石「わくわくフェスタ」でのようすが掲載されています。

シゴセンジャーが単なる便乗企画や悪のりにならないのは、天文科学館職員のみなさんの根底思想と一致したものになっているからなのでしょう。
ほんっとうに見にいきたかった〜・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 06 May 2005

G.W.おつかれさまです

 各館のみなさま、連休中のお仕事お疲れさまでした。
 私もかつてはアミューズメント施設のサービス業をやっていましたので、ゴールデンウィークのサービス業がどんなものかは想像できます。賑わうのは嬉しいけれど、来週の日曜日にでもでなおして来てくださった方がもっとたっぷり楽しんでいただけるのに・・・などと思うほど、ふだんは来ない方々がたくさんいらっしゃいますね。

 だから(?)、私は仕事以外にはどこへも出かけませんでした。海方面、高速方面でなければ道路はとてもすいていて通勤は快適でした。

 文集をお願いする印刷所もゴールデンウィーク休みに入ってしまい、仕切直しです。

★う〜ん、明石へ行きたかった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 05 May 2005

思いを伝える話し方

 今朝、いろいろやっていていつもどおり寝るのが遅くなりました。(仕事柄、超夜型生活です) なんとなくつけていたテレビで5時すぎからNHK「日本語なるほど塾」の再放送がはじまりました。毎回こんな感じで放映時間に遭遇し、なんとなく見ています。
 今月は文章表現力・考える力・コミュニケーション力のレッスンでした。
→この下、番組のホームページより抜粋部分あり

 今回は四回に渡ってきたレッスンのシメの回でもあって、最後に「思いを伝える話し方に一番大事なものは結局は何か」ということになりました。
 それは「根底思想」で、自分がふだん考えていることが外に出てくるものだ、ということでした。氷山のようなもので、話すことや書く文章は、水面下の見えない部分にあたる「根底思想」のほんの一部が表に出ているのと同じ。だから、「あなたの言葉の下のある思想や価値観・生き方が伴っていなければ、コミュニケーション技術だけでは想いは伝わらないのです。」と。逆に、幼い子の言葉が強く胸を打ったりするのは技術ではなく、伝えたいことがストレートで「根底思想」と表に出た言葉が一致しているからです、また、どんなふうに言葉を選んで話しても「根底思想」はそのまま相手に伝わるものです、と。

 ここで思い出したのがプラネタリウムでの解説のことでした。そうそう。名解説員の台詞をそのまましゃべったとしても、人によってまったく違うものになります。
「うまくきれいなプロの喋りをきかせたい」と思っている人の解説はそう伝わって「ああ、とてもうまいですね」と思えるし、「私はこんなに天文の知識がありますよ」という人の解説は「すごい知識ですねぇ」と思います。
「邪魔しませんから、1時間ゆっくり過ごしてください」タイプの人からは投影後に特に残る印象もなく、「プラネタリウムの解説ってすてき!」というナルシストタイプだと「プラネタリアンになれてよかったですね」と共感したいけれど、ちょっとおいていかれたような気になったり。
「星を見るのは楽しくてしょうがない!」という人の話は、こちらは星のことをよく知らなくても、きいているだけで楽しくなってしまいます。

 という以上の例は伝わってきたことからの憶測ですが、たしかに、「根底思想」のように伝わっている気がします。すごいですね。人は思ったとおりのことを伝えられているのです。思っていないことをやろうとするからできなくて苦しいということでしょうか。
 「星を見るのは楽しいですね、みなさんと一緒に楽しみたい!」といつも心の底にそういう「根底思想」を持っている人こそがプラネタリウムの仕事にふさわしい人だと思いました。その人が名解説員なのでしょう。

 他にも、「自分の思いを確実に相手に伝えたいなら、『メディア力』を付ければよいのです。さて、その『メディア力』とは一体何?先ずは、『何を言うか』より『誰が言うか』、つまりあなた自身が信頼される力を持つとことなのです。」とありました。これもそのとおり、常々、私が解説員に求めていることなのでした。

 学校の先生も同じですね。私もがんばります。「根底思想」磨き。
 でも、「思っていることはそのまま伝わる」なら、安心できることでもあります。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, 04 May 2005

5月4日は・・・

あやうく忘れて通り過ぎるところでした。
今日は「五島プラネタリウム私設ファンクラブ」ホームページを開設した日でした。1998年の5月4日です。

それからイベントあり、閉館あり、紆余曲折を経て現在に至ります。
五プラをきっかけにこれだけ世界と人の輪が広がるとは当時はまったく予想しませんでした。
当たり前のように渋谷の駅前に44年間存在したプラネタリウムのように、うちのホームページも当たり前のように存在して発信し続けようと思います。
今後ともどうぞよろしくです。

また1990年の5月4日こそが、私が生まれて初めて天文博物館五島プラネタリウムへ行った日です。プラネタリウムとはどんなところかを体験・理解した日です。
この日がなければ今頃わたしはどうしていたでしょう・・・。星も写真もやっていなかったかもしれないし、好きなアーティストとのつながりもなかったでしょうし、masarukさんやふくちんさんとも出会っていなかったでしょう。たぶん今の職場にもいなかったと思います。それならそれで他のことを熱心にやっているでしょうけれど、大事な分岐点でありました。今のこの充実した生活に続く道をたどらなかったら・・・という状況はまったく想像できません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

悪のブラック星博士

前の記事へのふくちんさんからのコメントを読んで。
本当におもしろそうですねぇ、ゴールデンウィークの明石のプラネタリウム。
行きたい衝動を抑えるのに必死です。(大げさ?)
今日と明日は勤務がお休みなので新幹線に乗れば・・・
などと予定をたてそうになってしまいました。
いや、でも、そのう・・・。

「シゴセンジャーを見るために○万円は使えない〜。」
「うーん、その価値はあるそうだけど、欲望のままに行ってはいけない、我慢するのだ〜。」

と、自分の中で天使と悪魔が戦っています。

「だって、明石なんて6時間あればつくじゃないかー。」
「しかし夏には旭川にも行くんだし、○万円は大金だぞ〜。
それに、連休中に文集の仕上げとその後のこともやらなくっちゃ。」

・・・ということで家で最後の詰めの作業をちくちく行っているのでした。

☆ふくちんさんからの伝言☆
<悪のブラック星博士がみわさんにお会いしたがっておられました>
し、しまった、悪い奴に眼を付けられてしまった・・・。
それにしても、ふくちんさんのblogにある「海賊版ポスター」のブラック星博士、こわすぎる・・・。投影中小さなお子様が泣きませんでしたか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Monday, 02 May 2005

ついに、シゴセンジャー登場!

先々月から噂していた、明石天文科学館のゴールデンウィーク企画投影、「軌道星隊シゴセンジャー」がついに参上!したようです。
ふくちんさんが遭遇(というより、「会いに行った」が正しい表現か)して、観測所雑記帳blogにそのようすが書かれていますのでご覧ください。

リンク: ふくちんさんのレポートはこちらです.

わたしも会いに行きたいなぁー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »