« 「遠い空の記憶」 | Main | 渋谷に星空が! »

Tuesday, 28 June 2005

私は覚えている

五島プラネタリウムの閉館が決まったと聞かされたときのことを。
それからの長くて短い一年と少しの間に見た、渋谷での景色を。
ドームの星空と投影機の姿を。
新聞に報道が報道されてから、うちのホームページにたどりついた人たちが書き残した、悲しみと怒りに満ちたたくさんのメッセージを。

昔の伝言板ログを見ていたら、さらに鮮やかに蘇ってきて、胸が苦しくなった。
「ずっと行っていないけれど、大好きな場所だったのに。どうしてなくなっちゃうんですか」
好きだというあなたのような人さえ、来なかったからです。
「どうにかならないのですか」
どうにもなりません。
「最近の館内のようすからするとやむをえないかと」
そうですか。
「閉館も時代の流れなんですかねー」
若者なので時代の流れはまだつかめていません。
・・・と、そんな調子で書き込みをながめていた時期もある。
(私もけっこうナーバスな時期でした、ごめんなさい)

卒業文集に、「まるで親不孝な息子でした」とかいていた方がいた。
心に受けた衝撃とこれからの誓いをわかちあえる人がいる、
これはそういう文集なんだ、と思った。
 
 
 
★卒業文集発行予定の7月7日まであと10日です。
【文集のお求め方法PDFファイル】
http://miwa.way-nifty.com/gotoplanet/bunsyu_info.pdf

|

« 「遠い空の記憶」 | Main | 渋谷に星空が! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私は覚えている:

« 「遠い空の記憶」 | Main | 渋谷に星空が! »