« 【文集】一般の方への頒布 | Main | 「時と時計の物語」 »

Monday, 13 June 2005

夏はもうすぐ

 関東地方が梅雨入りした先週の金曜日、校外学習の引率で近くの谷戸・里山へでかけて、すっかり濡れてしまいました。雨の中での草刈り、榎木の実を弾にした鉄砲づくり。農学部出身の私は古巣に帰ったような気持ちになり、雨に濡れて体は冷えてしまいましたがリラックスできました。

 翌日は休みで、寄稿者の皆さんから返信してもらったメールを整理し、文集が納品されたらすぐにお送りできるように送付先リストにまとめました。一般購入向けのちらしは、「情報」はそろっているのにちらしとしてはまだまとまっていません。気の利いた言葉遣いやレイアウトセンスがするっと発揮できたならもうとっくにできあがっていそうなのですが。すみません。

 そんな中で大学でお世話になった先生から連絡をいただいたり(とてもありがたいことです)、こんな時に限ってなんだかんだとめずらしく方々からあれこれ声をかけてくださって、夏の予定は一度白紙撤回して計画しなおすことにしました。

 青森と北海道に用事があり、それなら東北のプラネタリウムをめぐりながら北上しようと考えていました。投影時間が午後2回ほどの素朴な感じのところに行きたいと思いルートを考えましたが、1都市1プラネタリウム1泊だといくら急ぐ旅ではないとはいえ、ちょっとつらくなってきてしまいました。月曜休館と平日の投影回数の少なさのハンデをうまく乗り越えて行程を考えるのはパズルのようで楽しいのですが、もう何を優先して良いやらといった感じで。

 それで一度リセット。欲張らずに「ここは!」というところを再度ピックアップしてみると、なんとかすっきり予定がつくれそうになりました。その矢先にあちこちからのご連絡なので、まだ練り直さなくてはならなそうです。

 愛・地球博にもまだ行っていません。博覧会デビューは遠ざかってしまいそう・・・。

 

|

« 【文集】一般の方への頒布 | Main | 「時と時計の物語」 »

Comments

 週末、名古屋に出張でしたが、タイトなスケジュールで万博はおろか市科学館にも寄れませんでした。
 私の博覧会デビューは1985年のつくば科学博です(大阪万博は生まれる前)。近所で入場料も安かったので、12回も通いました(連れていった親も親です)。もちろん全パビリオン制覇。万博は、それでもう燃え尽きました。
 つくば市のつくばエキスポセンターは、当時の万博サテライト会場のなれの果てです。そういえば神戸市青少年科学館も、「ポートピア'81」で出展されたプラネタリウム館を増築する形で作られたのでした。

Posted by: ふくだ | Monday, 13 June 2005 23:38

↑すんません、名前が「ふくだ」になってますけど、私です(^_^ゞ

Posted by: ふくちん | Monday, 13 June 2005 23:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏はもうすぐ:

« 【文集】一般の方への頒布 | Main | 「時と時計の物語」 »