« 寄稿された皆様へご案内 | Main | 【文集】一般の方への頒布 »

Sunday, 05 June 2005

TV朝日の『鈴木タイムラー』 でした

葛飾の学芸員のAさん=あらいさん、コメントありがとうございます。
うちのページをよくご覧くださっているようでしたので、もしかしてすぐに反応があるのではないかと、ちょっぴり期待していました。期待を裏切らない登場はさすがですね。

TV朝日の『鈴木タイムラー』 http://www.thefreemall.jp/suzukitimeler/

それです、それです、昨晩(今朝?)私が見たのはその番組です。
夜更かししてテレビをつけていると、今までにもたまに見たことがありました。いかにも深夜っぽいアクの強さがくせになりそうです。

>こういったバラエティ番組でさりげなく天文学の話が入るのも立派な天文普及だと思っています(何しろ視聴率は小さくても、何千人か何万人か見ているのですから)。ですので、それをしっかりお手伝いするのも私たちの仕事だと思っています。

そうです、そのとおりですよねー。
「なんとなくきいたことがあるぅ」「このあいだ『鈴木タイムラー』でやってたよねー」「あそこに出ていた博物館にいってみようよぅ」「あのおじさんに会えるかもしれない」
小さくても、いろいろな糸口をつくってくれます。

また、そういう需要があったときに「あ、あの館にいけばなんとかなる!」「あの人に相談してみよう!」と頼りにされる存在になるとなお良いでしょうね。

今回はやっているうちにシーンが追加されたとのこと。「この方にエンディングも出てもらったらおもしろくなりそう」「狙い通りのことをやってくれそう」そう思ってもらえるのって素晴らしいですね。
人の魅力ってものすごい吸引力があるんですよね。人を動かす力にもつながるし、それは人の心を動かし、やがては世論を動かし、お金も動かし、地球の未来を動かし・・・なことにもなっていくわけです。(話が大げさ?)

あらいさん、これからも「小さなことからコツコツと」天文普及に努めてください。
近々、本が出来たら伺います。


 

|

« 寄稿された皆様へご案内 | Main | 【文集】一般の方への頒布 »

Comments

 そんな時間に,そんな面白そうなものを放送していたなんて,知りませんでした。
 実は私,その時間よりちょっと後の時間帯の番組で,準レギュラーらしき状態で出ています。直近では3月最終週,次回は夏ごろ。
 日曜朝5時台の視聴率は,全TV局合計でも,せいぜい5%前後。その中でいちばんの視聴率を取る番組に出ているのですが,ざっと計算したら,首都圏で私の顔を見ている人は,毎回60~80万人いることになります。首都圏での視聴率1%は約30万人。いちどにこんな人数にアピールできるのだから,マスメディアの力はすごいですね。

>また、そういう需要があったときに
>「あ、あの館にいけばなんとかなる!」
>「あの人に相談してみよう!」と頼りに
>される存在になるとなお良いでしょうね。

……そう。これが重要なんですよね。
何かあったときに,あそこに聞けば,あの人に聞けば大丈夫,と言う信頼感のあるパイプを繋いでおく。情報普及の窓口として,マスメディアとは賢く付き合い,利用したいですね。

Posted by: なかを | Tuesday, 07 June 2005 01:47

みなさん、テレビご出演の際には
こちらでじゃんじゃん宣伝してくださいね。

※局アナさんのような専門職の方はのぞくってことで。(笑)

Posted by: みわ | Tuesday, 07 June 2005 04:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TV朝日の『鈴木タイムラー』 でした:

« 寄稿された皆様へご案内 | Main | 【文集】一般の方への頒布 »