« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

Saturday, 30 July 2005

文化靴修理部のその後

あいかわらず検索してやってこられる方の多い、東急文化会館にあった「文化靴修理部」ですについて、朗報です!
現在の店舗と連絡先を入手しました!!
武蔵村山市学園に「なおしや本舗」として新規営業中だそうです。
所在地と連絡先電話番号もわかりましたが、ここにかくのは何ですので、どうしても知りたい方はご連絡ください。面識がないのにちょっと連絡はしづらいなぁ、という方は、文化会館2階にあった連絡通路からの入口にそれが掲示されていますので、直接見にいってください。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ミュージアムショップデビュー

五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」が
山梨県立科学館のミュージアムショップに
おいていただけることになりました。

早ければ今日から店頭に並ぶそうです。
お近くの方はぜひ科学館でお求めください。
もちろん送料はいりません。
製作実費1000円の値段でおいています。

私の両親はともに山梨県出身。
土地との深い縁が呼んでくれたのか。
いえ、やはり「人と人のつながり」「人の気持ち」のおかげです。
関係者の方々に感謝いたします。

山梨県立科学館ホームページへGO!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 28 July 2005

【だいじ!】8月の文集発送お休みのお知らせ

五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」について

8月は発送作業をしている私が不在となります。
3日から22日までは発送を行いませんのでご了承ください。

お急ぎの方は銀行振り込みとメール連絡をご利用ください。
ネット上ですぐに確認ができますので2日ぎりぎりまで発送いたします。
(一度のお申し込みが3冊以内ならすぐに発送できます)

3日を過ぎても、滞在先から発送できる場合もありますので、お急ぎでしたらお問い合わせください。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 27 July 2005

プラネタリウムのことも

肝心のプラネタリウムの話もしなくてはいけませんね。

科学館の公式ホームページには8月2日から一般投影開始とありますが、もうはじまっています。
ただ、まだ混雑しているようですので、もうちょっとほとぼりが冷めてからの方がゆっくり楽しめると思います。

くわしいことはまたあとで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 26 July 2005

帰りました

きのう、旭川から帰ってきました。
14時30分発の飛行機に乗るのに、13時30分にはまだ科学館にいました。呼んだタクシーがなかなかこなくて、ちょっと焦りました。

サイエンスボランティアのみなさんといっしょにお手伝いした、科学館開館・・・というよりはツァイスくんのデビューは、たいへんな混雑と忙しさでしたが、楽しくてしかたありませんでした。
旭川天文同好会のみなさんはあたたかく迎えてくださり、期せずしてASIMOと記念撮影ができたり、雑誌の取材を受けたり、大学の先輩とお知り合いになれたり、充実した訪問でした。

でも、神奈川の私よりも、7時間かけて函館から来られるMさんの方が強者だと思います。負けずに夜行の北斗星で16時間かけて行って記録更新してみたいです。
 
今日は勤務です。旭川へいくのに放ったままにしてある仕事も全部片づけないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 25 July 2005

新ツァイスくん、がんばっています。

旭川の新しいプラネタリウムの門出の二日間を、かなり濃密な位置から見届けました。
正直言って、身近にこの投影機がある旭川市民がうらやましい。だから出来る限りの力と方法でサポートしました。
2日間は短いバージョンのおひろめ投影が一日に10回ずつ行われました。各回の整理券はすぐになくなり、ほぼ満員の投影が続きました。ツァイスの星空が出たときに客席にこぼれる声は、何度きいても嬉しくさせられました。
今日の午後、東京に帰ります。新科学館に寄ってはじめての一般投影を見てから。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 23 July 2005

文集完成報告@渋谷

渋谷区ケアコミュニティで毎月第4土曜日に行われている「星のつどい」で、五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」の完成報告をしました。もちろん、いとてつさんが。

この日の夕方は、東京で震度5の地震があり電車が長い時間とまったりしたそうで、つどいの参加者はいつもよりもとても少なかったそうです。

そのころ私は旭川にいたので地震のこともまったく知らず、いとてつさんの発表のことも気にせずに、旭川市科学館オープンをお祝いして旭川天文同好会の皆さんと打ちあがっていました。

次の報告の地は 西はりま になると思います。
いとてつさん、お疲れさま。次もがんばって。
 
 
 
五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」については右上のカテゴリーからたどってください。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しいカレを紹介します

05-06-16_1ドイツからやってきた、新しいカレです。
赤い椅子に囲まれてお仕事しています。
椅子は南側が回転椅子です。北東最後列にはペアシートが5つ並んでいます。
列と列の間隔がかなりあって、ゆったりと座れます。前の人がリクライニングしてもそれほど圧迫感がありません。

 
 
 

05-06-16_2jpgカレの正面からの姿。名前も入っています。
真ん中のZEISSのロゴまで黒地に白となっています。
ちなみに、旭川でお手伝いしていたときの私が身につけていた勝負○○○の色は、カレの色に合わせてチャコールグレーでした。旭川駅前で買いました。(そんなプチ情報はいらんって?)

 
 
 

05-06-16_3正面上側についている銘板。
これ、瓦せんぺいみたいなものでおみやげ品にしてほしいです。 だめ?

 

 
 





05-06-16_6コンソールのツァイスプラネタリウム投影機をコントロールする部分。コンパクトです。左側はデジタルスカイ(全天周映像)のもの。
このコンソールは囲む枠が低く、ちょっとおいてある、という感じの開放的なものです。お客さんとの隔たりは少なく感じます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

オープン好き

長く使われた道具や親しみを持たれていた風景が好きで「閉園写真家」として活動しているためか、閉園が好きと思われがちだけれど(自分もそう思っていたけれど)、記憶をたどってみると幼い頃の私は激しく「オープン好き」だったのでした。

遠くにアドバルーンが見えると「オープン、オープン!」といってはしゃぎ、連れて行ってくれと家族にねだるのでした。物心ついたころなので2,3歳のころの話です。
なんで好きだったのか今となってはよくわかりませんが、オープンイベントに行くと何かプレゼントがもらえたり、オープンセールで安くなっているから何か買ってもらいやすいからだったのかと思います。単にオープンのお祭りのような空気が好きだったのかもしれません。

大学生のときに遊園地でアルバイトしていたころ、新しい機種が導入されると無性に心が弾んで嬉しくなってしまい、応援部隊としてそオープンセレモニーやオープン営業の配属になるとうきうきしてしまったものでした。

本来のオープン好きの性格が、長年の眠りから覚めて、顔をだしてしまったのが「旭川の新科学館オープン」にはしゃぐ今のワタシなのかもしれません。
というわけで、今日がオープンです。9時からオープンセレモニーです。

V9020033先代のツァイス投影機。
新しいドームの横に展示されています。
 
 
 
 
 
 
 
V9020031先代の天文台にあった望遠鏡。
投影機も望遠鏡も、長く住み慣れたドームを離れて引っ越してきました。
第二の人生のはじまりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
V9020036新しいプラネタリウムドームの扉にかかる表示。
かわいいです、ドームの周りは明るくてきれいな感じです。
 
 
 
05-06-16_5
そして新しいプラネタリウム投影機です。
 
 
 
★新しいツァイス投影機がデビュー、本日7月23日のオープンの旭川市科学館
 
五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」は右上のカテゴリーからどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 22 July 2005

ゴーゴーあさひかわ

V9020024やってきました、旭川。
明日オープンです。
大小ふたつの天文台ドームが見えます。
 
 
 
 
 
  
V9020025科学館正面の道路から。
芝生の緑がとても鮮やかできれいです。
 
 
 
 
 

V9020026正面エントランスへ。
この中へ入りまっすぐ進むと「ウォータースクリーン」があり、その向こうにはプラネタリウムドームがあります。
 
 
 
 
 
明日は、歴史的瞬間に立ち会いますよ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トラックバック同窓会

文集もできて、見に来てくださっている方もかなりいらっしゃるようなので、
五プラの卒業生が集ってblog上同窓会をひらきます!
同窓会といっても、「卒業生」の自覚のある人にご自分のblogにトラックバックしてもらうだけ。
五プラへの思い入れでも、星の思い出でも、blogに書いてこの記事にトラックバックして頂ければと思います。

blogがないよーという方は、コメントにご自分のホームページURLを貼り付けてくださればOK。
コメントのみでも大歓迎です。
もちろん、卒業文集に参加していなくてもOKですよ。
blogもホームページも天文関係でなくてかまいません。

ということでこの記事に関しては、内容の関連がないと思われる場合は削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

・・・参加してくれる人、います?

*2005年06月25日 午後 02:00初投稿
 ときどき、浮上させます。
 
 
 
★卒業生たちで自主的につくった卒業文集は7月7日発行予定です。
【文集のお求め方法PDFファイル】
http://miwa.way-nifty.com/gotoplanet/bunsyu_info.pdf

| | Comments (4) | TrackBack (5)

人と人のつながり

大阪のプラネタリウム全国大会で、一番心に響いたひとこと。

2日目の「いろいろやってます、明石のプラネタリウム」の学芸員Iさんの発表。
コンサートやら寸劇やら、年々盛り上がっていく明石の職員のみなさんと地域の皆さん。地元の小学校が卒業企画をプラネタリウムでやっていること。それがどんどん広がっていること。

最後の質疑応答で「学校とはもともと強いつながりがあったんですか?」と質問が出た。答えはノーで、何年もかけてアプローチしていってやっと企画ができるようになった、と。
そこでの「学校と科学館のつながりではなくて、人と人のつながりから生まれていくんです。どこどこ小学校の誰々先生と科学館のだれそれのつながりなんです」という答えに、私は大きく頷いた。所属や肩書きに後押しされることや助けられることもある。だけど、所属でつながっているわけじゃない。今まで、自分がまきこまれてきた楽しい企画の数々。幸運にも巻き込んできた夢の企画の数々を思い出していた。

さすがIさん、ブラボーだ。なんだかとってもすかっとした気持ちになった。
明石の投影を見にいくのが楽しいのは、科学館そのものの魅力を支えていることに、人とのつながりがあるからかもしれない。Iさん、ふくちんさんとか。五プラに通ったのだって、まだ解説員に話しかけられないときから、なにかつながるものを感じていたから、また行こうという気になったり、わからないことをきいてみようという気になったりした。

人が不在だったり、人とのつながりを軽視するような担当者配置だったりする感じを受け取ってしまう館には、あまり魅力を感じられない。少なくとも私の感覚では。
 
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 20 July 2005

ひとめ会ったその日から

V4010340
北の大地にいる遠距離恋愛の恋人(前日の記事を参照のこと)、カレをはじめて見たのは今年の1月でした。
カレの先代が写す星空の見納めに旭川青少年科学館へ行ったとき、1階の事務所で学芸員の方があのカレと引き合わせてくださったのでした。カレ本体はまだありませんでしたが、カレの写真入りパンフレットを見せてくださったり、「今度入るStarmasterは黒になりました」とツァイスから送られてきたカレの色見本の板や、英語で書かれた分厚いカレのマニュアルを持ってきてくださったり。そのときからもうチャコールグレーのカレにメロメロになってしまったのかもしれません。

それから半年間、想いはつのるばかり。
先代の引退投影を見られずに残念だった分、カレ=新しい投影機のデビューを見たいという願望をさらにふくらませました。やっとあと3日でそこに立ち会うことができます。
ちなみに先代の投影機と天文台の望遠鏡は、プラネタリウムドームのすぐ横に展示されています。投影機はイエナの小さくてかわいいやつです。

V4010338ドームの中。真っ白なスクリーン。ゆったりとして座り心地の良い赤い座席。惑星投影機に囲まれて、ドームの中央で鎮座しているカレ=投影機は、小さいけれども気高さを感じるたたずまいです。
群衆の中にいる片思いの相手が浮かび上がって見えるような、そんな感覚さえ覚えます。あなたに会うためだけに、行きますとも、って一途な恋心のような気持ち。かな。
 
 ★ツァイス投影機がデビュー間近、今月7月23日のオープンの旭川市科学館
 
五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」は右上のカテゴリーからどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 19 July 2005

文集完成報告@葛飾

18日の海の日、葛飾区郷土と天文の博物館にて行われた「教育普及に関する研究集会『星がもっと好きになる日−宇宙を身近に感じる取り組み−』」で、五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」の完成報告を、文集制作発起人であるいとてつさんが行いました。
今回のこの会では「一般の方の目線で天文普及のための様々な努力をされている事例」を特に軸にしていたとのことで、文集の報告はちょうどよかったのではないかと思います。
私は本業勤務のため参加できませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遠距離恋愛の恋人

全国プラネタリウム大会・大阪2005から早くも一週間が過ぎる。
いろいろと刺激があり発見も合った中で、自分自身についての発見が一番の刺激になった。

遠距離恋愛の恋人の、職場での姿を見てしまったような気分。
しばらく合わないうちにすっかり気持ちが冷めちゃったわと思っていたけど、仕事するカレの姿を見たらかっこっよかった、やっぱり私のカレって素敵、お仕事がんばってね。みたいな。(私生活では経験はないので憶測ですが)
「プラネタリウム」という夢の空間に惚れ直してしまったみたい。
どの館がとかどの機械がという話でなくて、「プラネタリウム」を通じて広がる宇宙に。
 
さあ、どうやってこの「恋心」をカレへ伝えましょうか。
 
 
★新しい恋人になるのか?旭川の新しいツァイス投影機がある今月7月23日のオープンの旭川市科学館
 
★昔の恋人の記録?五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」は右上のカテゴリーからどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 17 July 2005

新・旭川ホームページ

きのうの↓の書き込みでぼやいたのをまるで見たようなタイミングで、さっそく新しい旭川市科学館のホームページが表示されました。
なーんだ、準備していたんじゃ〜ん!
今度はデザイナーがからんでいるのを思わせる整ったホームページです。

しかし、アクセス方法を見ると車でのルートしかかいていない。
館前にバス停があったはずだけど(本数は少なそうだったが)バスでの行き方はないのー?
駅からタクシーですか。私は前回の訪問では歩いて行っちゃいました。ぷらぷら歩いて30分くらいでしょうか。

ちょっと肩に力の入ったすました顔のようなお堅い印象も受けるホームページですけれど、「館内情報」>「インタープリター情報」がちょっとおもしろかったです。こういうところがもっとはじけてくると、人のつながりができやすくなりリピートするのが楽しくなってきます。(って、もうすっかりリピーターな私がいうのもなんですが)
 
 
★旭川の新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトはいよいよ今週末。今月7月23日のオープンの旭川市科学館
 
五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」については右上のカテゴリーからたどってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 16 July 2005

新「渋谷のプラネタリウム」(案)

渋谷区のホームページに「旧大和田小学校跡地施設(仮称)整備基本構想(案)」がpdfファイルで掲載されています。
2009年にどんな星が生まれるのか、見届けましょう。

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/cont/oowada.html
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旭川応援キャンペーン

いよいよ旭川市科学館のオープンまであと一週間となりました。
勝手ながら本サイト「Go!Go!!Goto-Planetarium」では本日より無期限で「旭川応援キャンペーン」を始動します。もうすでにやっているじゃないかと思われるかもしれませんが、そうかもしれません。これから本腰を入れて 応援するぞ、と心の区切りの宣言であります。

旭川市科学館はまだはじまっていません。前身の青少年科学館はありましたが場所を変え、建物の外も中も変えたまったくのリニューアル。長い目で一から応援していきます。
中身を知らないのになぜ応援なのか。それは人のつながりとツァイスプラネタリウムへの期待から。どんなに良い道具でも、そこにあるだけではその価値はあらわれません。つかいこなせる人がいて、つかわれるための目的があって、それではじめて「良い道具」になれるのです。旭川には先代のツァイスを大事に使い続けていた人がいます。

他に日本に現役のツァイスプラネタリウムは名古屋と明石の2台。これらはもう40年以上働いています。ツァイスが旭川に続いて、数台でいいから他にも導入されるようにという願いも込めて、応援したいと思っています。

とかなんとかとってつけたような説明をしても、本当はこのプラネタリウム(とその星空)がかっこいいから「とっても見にいきたい」「何度でも見にいきたい」「そばに行きたい」「応援したい」、というストレートな気持ちが一番の理由かもしれません。これはもう「恋の病」のようなものです。(とめても無駄よ)
 
 
★旭川の新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと7日、
今月7月23日のオープンの旭川市科学館
しかし、オープン1週間まえだというのに、アクセス情報も入館料も投影時刻の案内もないホームページ。お客さんが殺到して混乱をしないように意図的に情報を伏せているのか?(まさかねぇ)

五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」については右上のカテゴリーからたどってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 14 July 2005

文集完成報告@大阪

V9020019きのう発表を終えました。
大阪の皆さん、お世話になりました。
大阪でお会いした皆さん、ありがとうございました。
いろいろと刺激的な大会でした。

くわしくはまた後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 12 July 2005

全国プラネタリウム大会・大阪2005

V9020014大阪のツァイスくんのそばにいます。
それだけでなんとなく嬉しいです。
 
 
 
 
 
V9020011文集を売っている場所は、チケット売り場のある階の奥まった販売会場の隅。
ちょっとわかりにくいです。奥に進んでいって左にターンしてみるとみつかります。
 
 
 
今までネットでお見かけしていた方と実際にお会いしたりして、ちょっとした興奮を覚えます。「あ、あの人だ!こういう人なのかぁ〜」と。深い意味はなく、勝手に抱いていたイメージとのギャップを楽しんでいます。それをそのまま返されたりもします。「ああ、齊藤さんですか。ときどきホームページ見ています」とか「文集できたんですよね」などと声をかけていただきました。有り難いことです。
 
大阪の一般投影とかハード会社のデモ投影とかいろいろ見られるはずなのに、自分もなるべく文集を販売しているところに立ち会うようにしていたりして、正規のプログラムを堪能しているとそういう時間はあまりとれず。

05-07-12_18-25
こんなお菓子がありました。電気科学館のころにつくってもらったのが今でも続いているそうです。
つくりおきしない、レア品らしいです。





★大阪のプラネタリウム大会に参加中。明日は発表にも参加。会場で買えます。送料がいらないのでとってもお得です。
【文集のお求め方法PDFファイル】

  
★旭川の新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと11日、
今月7月23日のオープンの旭川市科学館
(オープン日の初投影を「オフィシャル・ファーストライト」と私が勝手に呼んでいます)
 
 
↓のシゴセンジャーの話題に関連して。
 今日はレッドとブラック星博士にお会いしました。
 夏にも行けないお詫びを早々にしておきました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

シゴセンジャー・リターンズ?

ふくちんさんのblog塩屋天体観測所の雑記帳を見ると、この夏「あの」シゴセンジャーが帰ってくるとか!
そうだ、さっき家に電話したら母が明石から郵便物が届いていると言っていたのは、きっとこのちらしが入っていたのかも・・・。
ふくちんさんが「お見逃しなきよう」とかいてくれているけれど。
いついつ?えー、8月12〜15日〜ぃ?いけなーーーーい。がっくり・・・。
だいたい12日はこれでトリプルブッキングだし。
こうなったら、旭川→渋谷→藤沢(自宅)→明石→旭川なんて大移動してみるかー。(いや、しません。できません)
シゴセンジャー、普通の日もやってください。それは無理なお願いですか?そうですよね。がっくり。

明日は大阪で星博士Iさんが出るシンポジウムを楽しんでがまんします。Iさん、星博士のコスチュームで出てくれないかなぁ。(それも無理なお願い?ですよね)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 11 July 2005

大阪〜

 05-07-11_18-50大阪へやってきました。
明日から大阪市立科学館でプラネタリウムの全国大会があります。
私は業界外の一般人なのですが・・・気がつくと科学館の中にいました。(笑)
科学館の裏側の通路とか、ステージ裏の楽屋とか、こういう場所ってとても好き。落ち着きます。
科学館についてすぐ落ち着く暇もなく、実行委員の方々の下見と合流し、会場下見とかあれこれ。

ボランティアスタッフとして一緒に下見に来ていた方々とさっそく夕食をとりながらおしゃべり=自己紹介&情報交換。
科学館とホテルの中間点に世界のビールがおいしいお店を発見。そこから大きな道をへだてたところに地酒の充実していそうなお店も発見。なかなか便利な位置関係。
今日はビールのお店へ。いつもは濃度の高い、泡のでないお酒専門だけど、今日のビールはおいしかった。いくらでも飲めそう。
・・・あ、アルコール日記になってしまった!

会場のひとつになっている大阪大学中之島センターは昨年出来たばかりの、きれいで映像システムが充実している新しい建物。自分は場違いな気がしてどぎまぎしてしまいます。


★「五島プラネタリウム卒業文集」発行しました。実費で頒布中です。郵便振替か、12,13日に大阪市立科学館で。
【文集のお求め方法PDFファイル】

★いよいよ来週、新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライト。今月7月23日のオープンの旭川市科学館
(オープン日の初投影を「オフィシャル・ファーストライト」と私が勝手に呼んでいます)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 08 July 2005

七夕の次は・・・

東京、神奈川の七夕のお天気は夕方から雨。
渋谷での観望会は中止になり、星空案内投影と七夕行事についてのお話、短冊に願い事、などの屋内での催しのみになりました。そんなお天気にもかかわらず人の集まりはよかったので、分散型の進行となり、大々的に文集のお披露目をすることは流れてしまいました。

代わりといっては何ですが、「七夕さま」のうたの伴奏をして、10年ぶりに人前でピアノを弾く姿をお披露目することになってしまいました。他の楽器や歌はよくお披露目するのですが、ピアノは友人の結婚披露宴での一連のブライダルプレイ以来です。

プレイヤー側もいいものです。元ミュージシャンの血が騒ぎます。三つ子の魂百までというか昔取った杵柄というか。
思えば文集のことも、元文芸部、元新聞部の延長線上でした。本をつくっていくのって、どんな簡単な形でも、ページ数が少なくても、わくわくします。

★来週は大阪のプラネタリウム大会へ行ってアピールします。
【文集のお求め方法PDFファイル】

  
★旭川の新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと15日。
今月7月23日のオープンの旭川市科学館へ、私は22日に現地入りです。
(オープン日の初投影を「オフィシャル・ファーストライト」と私が勝手に呼んでいます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 07 July 2005

七夕の約束

卒業文集の発行日です。
七夕に五島プラネタリウムへの「想い」と再会してください。
そして、これから未来のためにできることを考えましょう。
きっと胸の中に力が湧き上がってくるはずです。

ご協力くださったみなさん、ありがとうございます。
まだまだ引き続きいろいろと力になってください。

さて、夏休みの宿題をやっと提出した気分です。
これからデートの相手でも探しに行きます。


★今日は渋谷区ケアコミュニティ桜が丘で「七夕のつどい」です。
 五プラの七夕の短冊にかいた願い事は成就率100%です。(ただし年に一個だけ・みわ調べ)
【文集のお求め方法PDFファイル】
  
★新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと16日。
今月7月23日のオープンの旭川市科学館の情報はこちらです。
(オープン日の初投影を「オフィシャル・ファーストライト」と私が勝手に呼んでいます)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 06 July 2005

というわけで「星空の学校」

6日付、毎日新聞に卒業文集発行のことから五島プラネタリウムのことが取り上げられています。
これって全国に載る面じゃないですか?
ありがとうございます、文集をきっかけにこんな重要なメッセージを世に出していただいて。

毎日新聞 発信箱「星空の学校」

あら、村松さんの歳まで出てるわよ!
 
 
★五島プラネタリウム卒業文集は7月7日発行。明日です。
 渋谷区ケアコミュニティ桜が丘の「七夕のつどい」では村松さんが待っています。
でも文集をお求めになるには郵便局へ。桜が丘では手に入りません。お披露目のお時間はいただきます。
【文集のお求め方法PDFファイル】
  
★<うっとり>するような星空をうつす新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと17日。
今月7月23日のオープンの旭川市科学館の情報はこちらです。
(「オフィシャル・ファーストライト」という言葉は私が勝手にあてたものです)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 05 July 2005

一般頒布の発送はじめました

お知らせその1
先週までに文集をお申し込みいただいた方へ、本日発送いたしました。
日本全国ほとんどの場所には明日届くと思います。
荷物送っても、お金送っても、間違いなくすぐに届く。
郵便ってすごいネットワークだと実感し、関心しています。
奇しくも本日郵政法案が衆院本会議で「5票差」で可決されたそうですね、
だいじょうぶなのでしょうか、民営化・・・。
文集発送にメインでつかっているexpackも「真っ向サービス」になってから発売された商品で、とても重宝しておりますが。

お知らせその2
寄稿者で連絡の付かない方がまだ30人ほどいらっしゃいます。
記念に一冊差し上げておりますので、もし身近に思い当たる方がいらっしゃったら、声をかけてくださればと思います。

お知らせその3
きのう某新聞の記者さんより取材を受けました。
近々、文集発行についての記事が載るかもしれません。
それはいつか?って、明日かなぁ、う〜ん、わかんない。
掲載されたらさくっとお知らせします。


★五島プラネタリウム卒業文集は7月7日発行。あと2日です。
 渋谷区ケアコミュニティ桜が丘の「七夕のつどい」にいらっしゃって!
でも文集をお求めになるには郵便局へ。桜が丘では手に入りません。
【文集のお求め方法PDFファイル】
http://miwa.way-nifty.com/gotoplanet/bunsyu_info.pdf
  
☆ツァイスレンズの底力にメロメロ、新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと18日。
今月7月23日のオープンの旭川市科学館の情報はこちらです。
(「オフィシャル・ファーストライト」という言葉は私が勝手にあてたものです)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 03 July 2005

葛飾・JPS・大阪 まとめてどん☆

今日は勤務のあと、お花茶屋まで出かけました。
お花茶屋といえば!葛飾区郷土と天文の博物館です。
春休み以来、久々にプラネタリウム投影を見ました。
ただいまのテーマは「南半球の星空」。
南天の星空をたくさん見ました。
番組の最後に、東京の空まで
 オーストラリアのシドニー
 →インドネシアのバリ島
  →石垣島
   →沖縄
と南十字の見え方をたどりながら帰ってくるのがよかったです。
あまり遠出の旅行をしない私が行ったところばかり
(=私が見た南十字をたどることと同じ)だからじーんとしました。
 
 
ところで、JPS(日本プラネタリウム協会)ホームページ
トピックスに卒業文集のことが取り上げていただいています。
あまりに「きちんと」した説明に、本人が「そうだったのかー」と思っていたりします。
客観的に紹介されるのはなかなか興味深いものです。
 
記事中に触れられていますように、今月12日から大阪市立科学館などで開催される
「全国プラネタリウム大会」で卒業文集を有償頒布いたします。
大阪近辺の方はぜひ直接科学館へおでかけください。


さて、expackを郵便局で仕入れてきたので、一般頒布用の準備を始めようと思います。
 
 
★五島プラネタリウム卒業文集は7月7日発行。あと4日です。
 渋谷区ケアコミュニティ桜が丘の「七夕のつどい」でおひろめします。
【文集のお求め方法PDFファイル】
http://miwa.way-nifty.com/gotoplanet/bunsyu_info.pdf
  
☆今月7月23日のオープンまであと20日となりました。
もはや芸術品(?)の星空、新しいツァイスの投影がはじまります。
旭川市科学館の情報はこちらです。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, 01 July 2005

7月!文集発行!!旭川開館!!!

7月になりました。早いものですね〜。
今日は朝から雨。梅雨らしいお天気です。
昨日発送の文集たちが濡れないかどうか心配です。
ゆうパック扱いだから、ポストに放置ということはありません。
手渡しですから大丈夫だとは思いますけど・・・。
(郵便屋さん、よろしく頼みます、としか言えませんね)
  

★五島プラネタリウム卒業文集は7月7日発行。あと6日です。
 渋谷区ケアコミュニティ桜が丘の「七夕のつどい」でおひろめします。
【文集のお求め方法PDFファイル】
http://miwa.way-nifty.com/gotoplanet/bunsyu_info.pdf
 
 
 
そして、このblogの色をイメージチェンジしました。
今月のもうひとつの目玉、旭川の新しいプラネタリウムの、黒に赤のイメージです。
あんなにシンプルでシックなプラネタリウム空間は見たことがありません。
ドームスクリーンの白、投影機のグレー、椅子の赤。素敵。

☆今月7月23日のオープンまであと22日となりました。
旭川市科学館の情報はこちらです。
 
 
 
同心円同好会、トラックバック同窓会は常時書き込み歓迎です。
どうぞよろしく〜。
  
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2005 | Main | August 2005 »