« 文集完成報告@大阪 | Main | 新「渋谷のプラネタリウム」(案) »

Saturday, 16 July 2005

旭川応援キャンペーン

いよいよ旭川市科学館のオープンまであと一週間となりました。
勝手ながら本サイト「Go!Go!!Goto-Planetarium」では本日より無期限で「旭川応援キャンペーン」を始動します。もうすでにやっているじゃないかと思われるかもしれませんが、そうかもしれません。これから本腰を入れて 応援するぞ、と心の区切りの宣言であります。

旭川市科学館はまだはじまっていません。前身の青少年科学館はありましたが場所を変え、建物の外も中も変えたまったくのリニューアル。長い目で一から応援していきます。
中身を知らないのになぜ応援なのか。それは人のつながりとツァイスプラネタリウムへの期待から。どんなに良い道具でも、そこにあるだけではその価値はあらわれません。つかいこなせる人がいて、つかわれるための目的があって、それではじめて「良い道具」になれるのです。旭川には先代のツァイスを大事に使い続けていた人がいます。

他に日本に現役のツァイスプラネタリウムは名古屋と明石の2台。これらはもう40年以上働いています。ツァイスが旭川に続いて、数台でいいから他にも導入されるようにという願いも込めて、応援したいと思っています。

とかなんとかとってつけたような説明をしても、本当はこのプラネタリウム(とその星空)がかっこいいから「とっても見にいきたい」「何度でも見にいきたい」「そばに行きたい」「応援したい」、というストレートな気持ちが一番の理由かもしれません。これはもう「恋の病」のようなものです。(とめても無駄よ)
 
 
★旭川の新しいツァイス投影機のオフィシャル・ファーストライトまであと7日、
今月7月23日のオープンの旭川市科学館
しかし、オープン1週間まえだというのに、アクセス情報も入館料も投影時刻の案内もないホームページ。お客さんが殺到して混乱をしないように意図的に情報を伏せているのか?(まさかねぇ)

五島プラネタリウム卒業文集「渋谷の空の向こうに」については右上のカテゴリーからたどってください。

|

« 文集完成報告@大阪 | Main | 新「渋谷のプラネタリウム」(案) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41032/4999643

Listed below are links to weblogs that reference 旭川応援キャンペーン:

« 文集完成報告@大阪 | Main | 新「渋谷のプラネタリウム」(案) »