« 自分の価値(お祭り男としての) | Main | たどり着けるまで行く »

Tuesday, 27 September 2005

地元のプラネタリウムへ行きたい

このところ旭川の話題に偏っているとのご意見(?)をいただいたので、地元の話を。

たまには神奈川県内のプラネタリウムも見に行きたいと場所と投影時間をチェックしていました。
10年ほど前、プラネタリウムが好きになった頃に行った近場のいくつかのところに、また行きたいとも思っていました。
調べてみると、行こうと思ったところは土日しか投影がありません。そういえば昔行ったときもそうで、がんばって一日ではしごをした覚えがあります。
海老名は、第4週の土日しか投影していないようです。平塚も土日のみ。
厚木は、ライブ投影は第3土曜日の4回目、つまり月に一回のチャンス。ライブでない番組は毎日やっているけれど、せっかく行くなら両方見たいと思います。

シフト制勤務で土日が休みとは限らない私にとって、なかなか困難なスケジュール組みとなります。
どーしても見たい!というものでもないので、ついつい優先順位が下がり、ずーっと行っていないという状態です。・・・「どーしても!!」という本当の地元の人のための施設なのかもしれませんが。

単純に利用者の気持ちとしては、もっとやってくれたら見に行けるのになぁ、と思います。
運営サイドや職員の方々の事情はよくわかるので、そこを責める気も、そこに負担を強いる気も、ありません。
ただ、高すぎる敷居がせっかくの優秀な機械と人材を宝の持ち腐れにしてしまうのがもったいないとも思うのです。

それにしても、調べてみると埼玉にはプラネタリウムが異様に多いようですが。これはなぜなのでしょうか。
児童館系が多いですね。

私も遠征ばかりしているわけではないです。7月は町田のプラネタリウムにも行ったし、葛飾にも行ったし・・・。
でも、「どーしても行きたい」ところが現時点では遠くにあるだけなのです。そういう館が地元にあって、「わざわざ遠くまでいかなくても」となればいい、と思います。


参考
http://planetarium.to/

|

« 自分の価値(お祭り男としての) | Main | たどり着けるまで行く »

Comments

はじめまして。
日本ではプラネタリウムの多い埼玉住人ですが
いまはインドのデリーに駐在しています。
教育施設としてとりあえず作っとけといった感のある多くの公共プラネタリウムと、なにかを伝えたい意思の感じられるプラネタリクムの違いを観客がどれだけ感じられるか、そんなことをふと思いました。
昨今、家庭用機が大流行で、科学マガジンですばらしいピンホールプラネタリウムを手に入れることも可能になり擬似星見もずっと身近になってきていますが、わざわざ見に行くプラネタリウムにはやはりそれだけの意味が必要ですよね。
紹介程度ですがデリーの様子もTBさせていただきます。

Posted by: いそた(デリー) | Thursday, 29 September 2005 09:46

澁谷の新プラネで一番気になるのは
投影に関して・・
これからのは公共 行政の運用となるわけ
ですので、 一般投影は土日だけとか
投影も夕方16時が最終回とか
(他区の教育センター等みたいに)
ならないといいのですが・・・・

また新プラネ設置 決定は一つの山を越えたに
過ぎないし(少なくてもそれで終わりではないですね)
今後が正念場と思われます。

Posted by: くろがね | Saturday, 01 October 2005 01:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地元のプラネタリウムへ行きたい:

» プラネタリウム [じゃんく王デリーに住む]
ネルー・プラネタリウムに行った。 月曜に休みをとって出かけたにもかかわらず、 月 [Read More]

Tracked on Thursday, 29 September 2005 09:51

« 自分の価値(お祭り男としての) | Main | たどり着けるまで行く »