« 「おもちゃみたいなプラネタリウム」? | Main | 盛岡市子ども科学館 中 »

Monday, 06 March 2006

盛岡市子ども科学館 前

今更ですが、お預けになっていた12月の盛岡市子ども科学館見学のこと。

夜行バスに乗って盛岡駅についたのは朝7時前。
駅で朝食をとって盛岡城まで散歩して時間をつぶし、
バスで盛岡市子ども科学館へ。
近くには体育館やプール、おとなりには美術館や遺跡の学び館があり、
でもあたり一面が雪景色でぽつんと科学館が建っているよう。

なぜ盛岡へ行ったのかというと、五藤光学のスーパーウラヌスの星が
見たかったから。
もっと東京よりの福島市のこむこむという施設にも入っているが、
どうせ見るなら館オリジナルの番組をと思い、
生解説の回がある盛岡へ。

この館では科学館展示が気に入り、片っ端から体験してみた。
日曜日ながら朝一番から科学館へ行っている人はさすがに少なく、
展示室は好きなだけ体験できた。
広いフロアにたくさんの体験型展示。
体験型というか実験型というか。
展示物はデザインがシンプルで気のぬくもりや金属の素材感のあるつくり。
必要な説明もシンプルに添えてある。
たくさんの体験型展示に見学者が分散でき、
1フロアにまとまってあるので、
学校団体として来ても楽しめそう。便利そう。
なにより、展示に手を出していじってみたい衝動にかられる。
「楽しそうでしょう?ね、ね」
というようなどぎついデザインや押しつけられるようなネーミングもなくて好感触。
こんな科学館が身近にあったらなぁ、と思う。

|

« 「おもちゃみたいなプラネタリウム」? | Main | 盛岡市子ども科学館 中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 盛岡市子ども科学館 前:

« 「おもちゃみたいなプラネタリウム」? | Main | 盛岡市子ども科学館 中 »