« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

Monday, 28 August 2006

冥王星の続報に思う

科学館で冥王星をどう扱うかの
記事やニュースがあちこちで載っていた。
展示物をどうするか、
プラネタリウムでどう紹介しているか、
それぞれの地方で地元の館での取材をしている。
ネットならいろいろな新聞の記事が見られる。

大阪市科学館のWさん、
明石市天文科学館のIさん、
宗像ユリックスのKさん、などなど。
知っている人がメディアでコメントしていて
なんとなくおもしろい。
読みながらひとりでにやりとしてしまう。

それぞれ、その人ならではの受け答えで
返しているのも興味深い。
実際に話したことから記事になるのは
ほんのほんの一部で、
記者さんの主観や癖も入るので
「その人らしさ」を記事内のコメントに残すのは
難しいのだ。
なのに、この方々は。(やっぱり強者だ!)

五島プラネタリウムがあった頃もこうだった。
質問の電話がじゃんじゃん鳴って、
プラネタリウムの445席が埋まるほどにお客さんが来て、
マスコミからも質問取材があって。
天文の質問ならこの館に聞け、というような信頼感があった。

今回、取材されたのも普段から信頼感のある館だったろう。
地元で近い、大きな館、選ぶポイントは他にもあるだろうが。

お客さんやマスコミが質問できるような
信頼されている館となっているか。
された質問に、言葉の上だけでなく、
的確に説明できている館となっているか。
館の実力が浮き彫りになったのではないかと思う。

渋谷に新たにできるプラネタリウムも
お客さんやマスコミの信頼を集められる施設になってほしい。
星を映す機械があって、機械を操作する人がいて、
言葉があるだけじゃいけない。
せっかく新しいものをつくるのに、もったいない。
機械や、言葉で、説明しなくては。
大事なのは、何を説明しなくてはいけないのかが、
わかっている人がいるかどうか。
それがアウトプットできる人がどうか。

偶然にも、今日の朝日新聞の
うちの地方版には川崎市青少年科学館プラネタリウムの
大々ベテランのKさんの記事もあって、
プラネタリウムのことを考えた一日となった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 26 August 2006

mixi

とうとうmixiの世界へ踏み込むこととなった。
大学の先輩Tさんから招待状をおくってもらう。

ちょっとさまようだけでじゃかじゃか知り合いを見かける。
Tさん周辺だけでなく、音楽の関係にも。
5年くらい前にはネット上のふつうの伝言板で
みかけたハンドルが、わんさか出てきた。

みんな、こんなところに生息していたのか・・・。

「東急文化会館」のコミュニティもあれば
「五島プラネタリウム」もある。
そしてなんと「STARMASTER」もあった!
しかしよく見ると管理者は知っている人のようだ。
とはいっても、プラネ関係者ではない。
「まさかあなたがSTARMASTERファンに?」という感じの。
日本のSTARMASTERファン(旭川かぶれね)の私としては
ファンの層が広がるのは嬉しい限り。

しかし、あちこちのぞいていると
知人のところにかたっぱしから足跡を残してしまうことになる。
思うように身動きがとれず、肩がこりそうになる・・・。

うちのblogは全世界に無差別に公開し続ける予定。
これからも引き続きこの場所でどうぞよろしくー☆

 
今日はこれから渋谷で星のつどい。
旭川から渋谷に復帰です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 25 August 2006

福岡県青少年科学館

館内をぐるっとしながら
投影までの時間を待ちました。

館に入ってすぐのところに
この春のプラネタリウムリニューアル
工事のようすが写真に簡単な説明を添えて
展示されていました。


Dsc_0024

ホームページ(→コスモシアター→工事のようす)でも
公開されています。
説明によると、コンピューター18台も
使うんですね。
・・・想像しただけで暑そうです。


Dsc_0025

プラネタリウムの入り口から
案内されて進んでいくと
先代のGSS2が迎えてくれます。


Dsc_0034


| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月福岡訪問

8月も終わりに近づいたところで、
今までためてしまってているレポートを
夏休みの宿題のように
消化していきたいと思います。


Dsc_0022
まずは6月あたまにさかのぼり、
福岡のプラネタリウム訪問について。

今話題(?)の福岡県青少年科学館へ行ってきました。
もちろんバーチャリウム2レーザーを見に。
(といっても、プラネタリウムを見るために
福岡へいったわけではないですよ)

Dsc_0026_1

科学館に入ると内側に吹き抜け空間が。
ここに水車をつかったからくりのオブジェが。
水版のピタゴラ装置(by ピタゴラスイッチ)のようなもの。
こういうのは子どもにもおとなにも人気がありますね。
つい動いているようすを見つめてしまいます。

Dsc_0028

プラネタリウム投影が始まるまで
館内で時間をつぶします。
ここには雷実験のできる
「放電実験ステージ」がありました。

Dsc_0029

天井から吊された装置。
この電極に間に高電圧の電気が流れます。
ばりばりと音とたてて稲妻が見えます。(アーク放電)
次に、電極の間にガラス板をおくと
稲妻はガラスの表面を伝わって反対側へ向かいます。(沿面放電)

Dsc_0030

このあと金属のかごに科学館のお兄さんが入り、
宙に吊したところに放電させたり、
(体内には電流がとおらないので無事)
模型の街に落雷させたり、
部屋を真っ暗にさせてはばりばりと大音響の
パフォーマンスが続きます。

また、この実験室にはオーロラを
発生させる装置もあります。
水槽のような箱の中に
妖しく光り揺らめくオーロラを
見ることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 24 August 2006

冥王星は冥王星

先週から話題になっていた「太陽系惑星の定義」。
チェコのプラハで開催されていた
国際天文学連合(IAU)総会の最終日(24日)、
ようやく決定がされました。

16日に「12個になる」案が公表されたときは、
 それはあまりにも感情的すぎる!
と驚きました。
そのまま案が通ったら、
神よりも強い力がどこからか働いていることに、
怖さを感じずにはいられなくなるところでした。
科学的でシンプルな案に落ちついて
とても安心しました。

先週からの一週間もそうですが、
去年2003UB313が「新しい惑星発見か?」と
報道されてから、
「惑星が増えたんでしょ?」
という話を同僚や生徒たちから振られるたびに
聞き流したいのに説明しなくてはならなくて
けっこう気を遣いました。

これからはすぱっと説明できるので
助かります。
惑星についても。
冥王星についても。

惑星のカテゴリーに入らなくても
冥王星は冥王星。
存在を発見して天体の軌道を確定したことも
皆が親んで呼ぶ名前を命名したことも
どちらも変わらずに素晴らしいことには違いありません。

今日は良いニュースをきくことができました。
夢見もよいことでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 11 August 2006

小樽のプラネタリウム


小樽のプラネタリウムくん。
惑星棚のつくりはわくわくさせられます。


7.2mドームに扇型の座席配列、席は50くらい。
見やすい席はこどもたちにゆずり、
自分は前の方に潜む。
約30分の投影。
基本的な流れで
やさしい言葉と自然な語りに
安心します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プラネタリウムの工作

プラネタリウムの工作


おおっ!
調べて来たわけではないのに、こんな工作が〜!!
これは参加するぞ、と意気込んで待っていたら、こどもたちだけでも定員オーバーで大変になっている・・・
遠慮して見学することにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小樽市青少年科学技術館

小樽青少年科学技術館


小樽市青少年科学技術館です。
投影は13時半、15時半の2回です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 10 August 2006

晴れ乞いで木星


木星が見えてきました☆
中継準備中。
プラネタリウムからの応答待ちです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入道雲

入道雲


今日は20時まで
開館している旭川市科学館。
天文台を襲う入道雲。
星は見えなくなりました。

昨日はここのプラネタリウムで
横浜の方に再会しました。一年前のオープンのとき以来。
なぜかよくある、旭川でのローカルな出会いです。


ツァイス談義させていただきました。
ツァイスプラネタリウムの前での
ツァイスな語らいは、
とても楽しいです☆


これから屋上天文台から
投影中のプラネタリウムドームに
生中継します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 06 August 2006

秋は夕暮れ

秋は夕暮れ


山際に日没です。
大きな夕日が
山のシルエットの向こうに
沈んでいきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »