« 冥王星は冥王星 | Main | 福岡県青少年科学館 »

Friday, 25 August 2006

6月福岡訪問

8月も終わりに近づいたところで、
今までためてしまってているレポートを
夏休みの宿題のように
消化していきたいと思います。


Dsc_0022
まずは6月あたまにさかのぼり、
福岡のプラネタリウム訪問について。

今話題(?)の福岡県青少年科学館へ行ってきました。
もちろんバーチャリウム2レーザーを見に。
(といっても、プラネタリウムを見るために
福岡へいったわけではないですよ)

Dsc_0026_1

科学館に入ると内側に吹き抜け空間が。
ここに水車をつかったからくりのオブジェが。
水版のピタゴラ装置(by ピタゴラスイッチ)のようなもの。
こういうのは子どもにもおとなにも人気がありますね。
つい動いているようすを見つめてしまいます。

Dsc_0028

プラネタリウム投影が始まるまで
館内で時間をつぶします。
ここには雷実験のできる
「放電実験ステージ」がありました。

Dsc_0029

天井から吊された装置。
この電極に間に高電圧の電気が流れます。
ばりばりと音とたてて稲妻が見えます。(アーク放電)
次に、電極の間にガラス板をおくと
稲妻はガラスの表面を伝わって反対側へ向かいます。(沿面放電)

Dsc_0030

このあと金属のかごに科学館のお兄さんが入り、
宙に吊したところに放電させたり、
(体内には電流がとおらないので無事)
模型の街に落雷させたり、
部屋を真っ暗にさせてはばりばりと大音響の
パフォーマンスが続きます。

また、この実験室にはオーロラを
発生させる装置もあります。
水槽のような箱の中に
妖しく光り揺らめくオーロラを
見ることができました。

|

« 冥王星は冥王星 | Main | 福岡県青少年科学館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6月福岡訪問:

« 冥王星は冥王星 | Main | 福岡県青少年科学館 »