« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

Thursday, 09 November 2006

通過後

今朝の水星の太陽面通過を、
日の出から通過終了まで
朝ご飯の時間をはさんだり、
ちょっとした仕事をこなしたりしながら、
見届けました。

雲に邪魔されることは
まったくありませんでした。

途中で、独り占めしているのは
もったいない気がしてきたので、
コロナド望遠鏡を外へ持ち出しました。

9時9分、第3接触から第4接触へ。
じりじりと歩くように動いていた水星の姿が
太陽のふちにたどり着き、出て行きました。
水星の見かけの直径は太陽の1/200。
ずいぶんのんびりとしたお散歩のようでした。

当たり前のようだけれど、
予想時刻と合っていることに、少し感動。
太陽と地球と水星の間に
予想外の力は加わらず、
動き続けていたことを感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水星太陽面通過中

水星太陽面通過中


快晴です!

ソーラースコープで投影、コロナドでHα、両方見ています。しかも室内から。

画像では上の方に黒点が、中央左寄りに水星が見えます。

ケータイカメラでどこまで写るか? わかりませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 08 November 2006

水星の太陽面通過

明日9日の朝、水星の太陽面通過という現象が起こります。
水星が太陽の面々を動いているようすが見られます。
(でも、肉眼やレンズで太陽を見てはいけません!)

次に日本で見られるのはは26年後。
滅多に見られないとなると見たくなるものです。

今のところの予報では、明日の天気は良さそうです。
私もがんばって、ソーラースコープ(箱形の白色太陽望遠鏡)かPSD望遠鏡で見る予定です。
 
 
 
■水星の太陽面通過について詳しくは以下リンク先へどうぞ。■

○国立天文台 「水星の太陽面通過」
   http://www.nao.ac.jp/phenomena/20061109/index.html
○国立天文台 暦計算室「日面経過 各地予報」
   http://www.nao.ac.jp/koyomi/koyomix/transitx.html
○国立天文台 乗鞍コロナ観測所からの静止画中継
   上記ページからリンク予定

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 04 November 2006

亀型ドーム

先週末行われた、某校のお祭りの話の続きです。
2日目に2つのプラネタリウム企画を体験してきました。

有志企画のプラネタリウムは、星空空間体験で、黒い壁の小部屋をつくり、入場者は入り口でパンチ穴ほどの大きさの蓄光シールを一枚受け取り、壁の好きなところに貼ることができます。それから部屋を暗くして、満天の星空を体感できるという「参加体験型企画」。
好きなところへと言われると、つい他のシールの間に貼ってしまいたくなり、粗密のある星空というよりは、水玉模様のようになってしまうのでした。それでも、一緒に入っていた小中学生が「きれ〜い!」と声を出して喜んでいました。
音楽は星空やプラネタリウムをモチーフにした、このところ流行のJ-POP(そのあたり疎いので曲名などわかりません)を流して雰囲気を出していました。
サイエンスへの心の敷居を低くしてくれる、楽しい企画でした。

もう一方の中1クラス企画は、いわゆる「プラネタリウム」で、中1ながらもずいぶん凝ったつくりになっていて感心しました。
入り口まで並ぶ廊下には金のモールを使った文字看板が置かれ、並んでいる間に、使用している恒星投影器と同じものを持って説明してくれます。教室の中へはいると、壁には惑星の絵と説明や、天文クイズなどが張り出されています。中央にはエアドームがあり2台の扇風機で膨らましていました。

うちの学校は学年に関係なく、クラスによって決まったモチーフとカラーがあります。朱雀、白虎、青龍、玄武の4つのうち、そのクラスは「玄武」で黒。亀と蛇です。膨らんだドームには、顔や足、甲羅がありました。エアドームが亀の形なのです。ドームを作るだけでも大変だと思いますが、ちゃんと顔や足まで空気が入って膨らんでいました。モチーフの形とカラーをそのままうまく活かしたドームでした。
この工夫が一番気に入りました。

投影器は円筒型のものでした。
ドーム内に案内する係、説明を読む係、星を指し示す係などなど、分担された役割をきっちりこなしていました。見た後で内容について2〜3、アドバイスをして去りました。
クラス企画なので、全員が天文に興味があるわけではないところを、分担・交代しながらみんなで参加する苦労があったはずです。サイエンスに基づきながら、茶目っ気を取り入れたデザイン。よくがんばったと思います。

ひさしぶりに楽しいプラネタリウム体験ができました。
やっぱり、プラネタリウムの異空間で非日常な気分を味わえるのは、おもしろいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 03 November 2006

旭川からラム肉

本日、旭川から荷物が届きました。
ラム肉と簡易ジンギスカン鍋のセットでした。
Aさん、Iさん、ありがとうございます。

きのうNHKを見ていたら、
旭川で平年より遅い初雪、
のニュースをやっていました。
画面では常磐公園の引き画像、そこには
懐かしい旧天文台のドームがうつっていました。

なんだか急に恋しくなりましたよ。
旭川のみなさん、元気でがんばってくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »