« 旭川からラム肉 | Main | 水星の太陽面通過 »

Saturday, 04 November 2006

亀型ドーム

先週末行われた、某校のお祭りの話の続きです。
2日目に2つのプラネタリウム企画を体験してきました。

有志企画のプラネタリウムは、星空空間体験で、黒い壁の小部屋をつくり、入場者は入り口でパンチ穴ほどの大きさの蓄光シールを一枚受け取り、壁の好きなところに貼ることができます。それから部屋を暗くして、満天の星空を体感できるという「参加体験型企画」。
好きなところへと言われると、つい他のシールの間に貼ってしまいたくなり、粗密のある星空というよりは、水玉模様のようになってしまうのでした。それでも、一緒に入っていた小中学生が「きれ〜い!」と声を出して喜んでいました。
音楽は星空やプラネタリウムをモチーフにした、このところ流行のJ-POP(そのあたり疎いので曲名などわかりません)を流して雰囲気を出していました。
サイエンスへの心の敷居を低くしてくれる、楽しい企画でした。

もう一方の中1クラス企画は、いわゆる「プラネタリウム」で、中1ながらもずいぶん凝ったつくりになっていて感心しました。
入り口まで並ぶ廊下には金のモールを使った文字看板が置かれ、並んでいる間に、使用している恒星投影器と同じものを持って説明してくれます。教室の中へはいると、壁には惑星の絵と説明や、天文クイズなどが張り出されています。中央にはエアドームがあり2台の扇風機で膨らましていました。

うちの学校は学年に関係なく、クラスによって決まったモチーフとカラーがあります。朱雀、白虎、青龍、玄武の4つのうち、そのクラスは「玄武」で黒。亀と蛇です。膨らんだドームには、顔や足、甲羅がありました。エアドームが亀の形なのです。ドームを作るだけでも大変だと思いますが、ちゃんと顔や足まで空気が入って膨らんでいました。モチーフの形とカラーをそのままうまく活かしたドームでした。
この工夫が一番気に入りました。

投影器は円筒型のものでした。
ドーム内に案内する係、説明を読む係、星を指し示す係などなど、分担された役割をきっちりこなしていました。見た後で内容について2〜3、アドバイスをして去りました。
クラス企画なので、全員が天文に興味があるわけではないところを、分担・交代しながらみんなで参加する苦労があったはずです。サイエンスに基づきながら、茶目っ気を取り入れたデザイン。よくがんばったと思います。

ひさしぶりに楽しいプラネタリウム体験ができました。
やっぱり、プラネタリウムの異空間で非日常な気分を味わえるのは、おもしろいです。

|

« 旭川からラム肉 | Main | 水星の太陽面通過 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀型ドーム:

« 旭川からラム肉 | Main | 水星の太陽面通過 »